10年落ちの車を買い取ってくれる大手業者とそのポイント

10年落ちの車を買い取ってくれる大手業者とそのポイント

車買取では、年式は1、2を争う程大切なポイントです。年式というのは、もちろん車が販売された時期を指します。
特に10年落ちの車などは、注意を要します。業者によっては無料引き取りどころか、有料の処分料金がかかってしまう事もあるからです。やはりそれだけは避けたいですね。

 

10年落ちはたいてい買い取ってくれる大手業者

 

どのような業者ならば10年落ちの車を買い取ってくれるかと申しますと、総じて大手の業者が多いです。有名どころで申し上げれば、ガリバーやハナテンやラビットあたりですね。いずれも車買取の業界では、非常に有名な業者になります。
その業者では、今まで買い取った車のデータを明示しています。特に一括査定のサイトなどを通じてそれらの業者の買取データを見てみると、それを確認する事ができるでしょう。
それを見てみると、10年落ちの車が買い取られている事例が非常に多いのですね。ですので大手業者では、低年式の車は買い取ってくれる訳です。やや型式が古い車を売りたいと思っているのであれば、ちょっと大手業者に注目してみると良いですね。

 

一番最後に大手業者で査定を受ける方が良い

 

ただし大手の業者で車が売却を行う時には、ちょっとコツが必要な一面もあります。基本的には、なるべく後回しにしておく方が良いでしょう。
というのも大手の業者の場合は、ライバルの他店を意識している事が多いのですね。最初の内は低い金額を提示してくるのですが、他のお店による査定金額を伝えると、だんだんと金額を切り上げていく傾向があるのです。つまりライバル店を意識している訳ですね。
ですので大手業者で10年落ちの車の売却をしたいと思うのであれば、最初の内は中小規模の業者で査定を受けておき、一番最後に大手業者で車の状態を見てもらうと良いでしょう。それが高額売却につながりやすいと思います。